ある小説の中に、世界を旅して「何を祀ってあるのかわからないんだけど、地元の人が拝んでいるものには手を合わせることににました。そうしたら、なぜか商売がうまくいくようになったんですよ」というフレーズがありました。SFだし、本筋とはまったく関係ないんだけど、心に残った一節です。そんなわけで(どんなわけで?)、日々の何気ないできごとを綴ってみようかと思います。
2017/08/09  (水) 

やられた!

広島の日も、長崎の日も、年を追うごとに扱いが小さくなっているような気がしますね。あと10年も経てば、自らの言葉で語れる被爆者もほんの少数になってしまうことでしょう。キム・ジョンウンの思うツボかも(-_-;; 次に核兵器が使われるときは、最終戦争、つまりは地球最後の日になるかもしれません。昔のSFで示唆されていたことが、いまは現実になっているということも多いですが、実は、ゴジラとか、ナンタラとか、地球を滅ぼす正体不明のバケモノは、実はキム・ジョンウンの仮の姿だったりして。
 
なんて、つまらないことを考えていたら、ゲリラ豪雨に襲われました。ドンキで買物をして、出てきたら、ポツポツ……。バス停までの15歩ぐらいの間に、ザーッ……。3時ごろに降るかもと気象予報士の森さんが言っていたので、私には珍しく、一応、折りたたみ傘は持っていたのですが、ぜんぜん間に合わず、ずぶ濡れとなりました。家の出窓を開けっ放しにしてきちゃったんだよな〜(-_-;; 家の中が水浸しとなっている覚悟を決めました。
 
バスに乗って、吉祥寺を離れると、雨は小止みになってきて、バスを降りると、あら、降ってない。地面も乾いているような。あまりの暑さに、雨もすぐ乾くんだなぁと……。いやいや、こっちは降っていなかったんじゃないか? 家にたどり着くと、やはり、どこも濡れた形跡はありません。夕方、テレビをつけると、「吉祥寺で局地的豪雨」と。20〜30分ぐらいしか続かなかったようなのですが、そのピンポイントのすべてを我が身に受けてしまいました。よっぽど行いが悪いんだなぁ、私って。
 



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

コメント記入欄




身代わり瓢箪身代わり瓢箪 ¥980
生まれ年の守護神があなたの厄をすべて身代わりとなってせおってくれるという瓢箪(ひょうたん)です。上部からのぞくと、それぞれの神様のお姿が見えます。色は白、緑、橙の3色あります。ご購入の際には「連絡事項欄」に“必ず”●生まれ年●ご希望の色をお申し出ください。


うるさいなぁ
1世紀も生きるなんて!