ある小説の中に、世界を旅して「何を祀ってあるのかわからないんだけど、地元の人が拝んでいるものには手を合わせることににました。そうしたら、なぜか商売がうまくいくようになったんですよ」というフレーズがありました。SFだし、本筋とはまったく関係ないんだけど、心に残った一節です。そんなわけで(どんなわけで?)、日々の何気ないできごとを綴ってみようかと思います。
2017/08/19  (土) 

やっと晴れ間が……

朝起きて、お天道様をお見かけしたのは、ずいぶん久しぶりのような気がします。やれやれ、何する? で、答えが「洗濯!」というのも、なんとも情けない暮らしでありますね(笑) そうは言っても、洗濯は大事。早朝から洗濯物を干して、そう晴天というほどのこともない空を見上げ、「何とか乾けよ……」と祈るのです。部屋干しは、乾いていても、なんとなくすっきりしないので。
 
午後になって、競馬中継も終わったことだし(博才はないので、馬券を買うことはないのですが)、ちょっと駅前まで出かけてみようという気になりました。とくに買物があるわけでもなく、ふらふらと。結局、いつものようにドトールに沈没し、しばらくたって、席を立ってコーヒーカップを片付け、出入口までいくと、入ってくる人が傘? 外に出ると、ものすごい土砂降りです。土砂降りというより嵐! そういえば天気予報で夕立とか言っていたなぁ……。
 
なんて、のんきなことを言っている場合じゃありません。私は、傘なしです。こんなときは、Uターンして、コーヒーをおかわりして雨宿りが常道でしょう。しかしながら、北側の窓をすべて開け放してきてしまったのですよ〜。無用心と言われようが、そっちのほうは大丈夫だからと言うのですが、雨風には大丈夫じゃない! 土砂降りの中、一目散に家へと向かったのでありました。
 
普段であれば、バアサンがディサービスから帰ってきている時間ですから、絶対に家にいるはず。今日は、ショートステイに預けて、ちょっとまったりしていたのが不覚でした。家に帰りついたときには、全身、ずぶ濡れを通り越している状態。靴もぐっしょりで、なかなか脱げない。とにかく靴をむしりとり、靴下を脱いでお風呂場に駆け込み、衣服をすべて脱ぎ捨てましたが、下着まで絞れるという有様。バスタオルで拭いて、そこに合ったパジャマを着て、窓を閉めまくりましたが、遅かりし由良之助ってヤツですよ(笑) 窓から、150センチ以上、びしょ濡れでした(-_-;; 
 
もう一度、作業着に着替えて、蕗掃除……。窓辺の一輪挿しとか、中身が少なくなっていたティッシュの箱とか、みんな部屋の中央まで吹っ飛んでいました。窓の前に積んであった書類とか本とか……もう、悲惨! 洗濯物だけは、取り込んでおいて本当によかった(笑) なんか、太陽に向かって「裏切り者!」と叫びたいような、久しぶりに晴れた日の結末でした(-_-;;
 



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

コメント記入欄




身代わり瓢箪身代わり瓢箪 ¥980
生まれ年の守護神があなたの厄をすべて身代わりとなってせおってくれるという瓢箪(ひょうたん)です。上部からのぞくと、それぞれの神様のお姿が見えます。色は白、緑、橙の3色あります。ご購入の際には「連絡事項欄」に“必ず”●生まれ年●ご希望の色をお申し出ください。


やられた!
つるべ落とし