ある小説の中に、世界を旅して「何を祀ってあるのかわからないんだけど、地元の人が拝んでいるものには手を合わせることににました。そうしたら、なぜか商売がうまくいくようになったんですよ」というフレーズがありました。SFだし、本筋とはまったく関係ないんだけど、心に残った一節です。そんなわけで(どんなわけで?)、日々の何気ないできごとを綴ってみようかと思います。
2017/09/12  (火) 

介護認定更新の調査

今日は、バアサンの介護認定の調査日。係の人が訪ねてきて、まず身体的な状況を調べるというのか、なんというのか。立たせたり、座らせたり、歩かせたり。その後、頭の調子を調べるといいますか、本人にいろいろな質問をします。まあまあ、口からでまかせに、いいお返事をなさいますことよ(笑) デイサービスに迎えに行って、帰って来たばかりだというのに、今日はずっと家にいたとか(-_-;; 嘘八百でも、よどみなくスラスラ答えます。これじゃ、要介護3はとれないだろうなぁ(泣)
 
要介護3以上にならないと、特養にはエントリーもできません。居宅で面倒見ろよ、ということです。本人の面談のあとに、介護者(つまり私)と話をするわけで、バアサンの言ってたことは嘘八百というのは、すぐばれることになりますが。たとえそうであっても、杖をついても自力で歩けて、排泄が自分でできて、食事も一応は自分でできるとなれば、認知障害だけでは、要介護3は難しいでしょうと、言われました。でまかせでも受け答えはしっかりしてるしね(-_-;; 介護者からは日常の報告をし、ケアマネージャーも立ち会ってくれて、いろいろ援護射撃もしてくれましたが、まあ、介護度を下げられなければ、よしとするしかなさそうです。
 
逆に言えば、下げられても要介護であれば、利用できるサービスは変わらないし、安くなる(笑) ですが、利用時間を制限されるので、自費が増えることになり、結局、必要経費は同じかな。グループホーム向きだと言われてしまいました。利用料金さえ折り合えば、グループホームでもいいんですけどねぇ。現状では、利用料がバアサンの年金を超えるので、私の持ち出しになり、100歳まで生きられたら……破産です(笑) 
 
先日、すべての預貯金をなげうって、母親を有料老人ホーム入れた友人がいます。気が狂いそうになり、農業を営んでいるので、現金がなくなっても、自分で作ったもので、なんとか食っていけるから……と言っていました。私にゃ、できないな農業。やったことないし、虫が怖いし(笑) まあ、とにかく2年に1度の更新調査、結果が出るのは1ヵ月後ぐらいですが、まあ、次の更新までは十年一日状態で、同じような生活が続くのでしょう。もう、やんなる!(笑)
 



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

コメント記入欄




身代わり瓢箪身代わり瓢箪 ¥980
生まれ年の守護神があなたの厄をすべて身代わりとなってせおってくれるという瓢箪(ひょうたん)です。上部からのぞくと、それぞれの神様のお姿が見えます。色は白、緑、橙の3色あります。ご購入の際には「連絡事項欄」に“必ず”●生まれ年●ご希望の色をお申し出ください。


戦争だけは
セーフ!