ある小説の中に、世界を旅して「何を祀ってあるのかわからないんだけど、地元の人が拝んでいるものには手を合わせることににました。そうしたら、なぜか商売がうまくいくようになったんですよ」というフレーズがありました。SFだし、本筋とはまったく関係ないんだけど、心に残った一節です。そんなわけで(どんなわけで?)、日々の何気ないできごとを綴ってみようかと思います。
2017/12/27  (水) 

痛たっ

今日は、2017年最後の乗馬。2018年は、年初から手術→リハビリという年になるので、ホントにホントに馬ともしばしのお別れです。で、けっこう気持ちよくパカパカして(指導員に珍しくほめられた!)、降りてから馬房に曳いていくと、この子の部屋の前に母娘が立っていました。「そこに入りまーす」と声をかけたら、あろうことか、馬房の奥にさがるではありませんか! いや、そこに入るのよ。もう一度、「そこに入ります」と声をかけつつ、馬を止めようとしたわけですが、彼はもう、行く気で歩いているわけで……、クルマだって馬だって、急には止まれません。
 
馬がたたらを踏んで、前足が私の足の小指を踏みました〜。500キロもあるんですよ! 4本の足に均等に重量がかかったとしても125キロ? ましてや踏み出した足です。小指が潰れた〜。幸い骨折はしませんでしたが、小指が親指ぐらい腫れました(-_-;; これは、踏んだ馬が悪いわけではなく、たたらを踏ませてしまった私が悪いのです。母娘がそこにボーっと立っていることに、もっと早く気づくべきでしたし、もっと早くどいてもらうべきでした(-_-;;
 
その娘が、次にこの馬に乗るためにそこにいたらしいのですが。小学校3、4年生ぐらいでしたでしょうかね。私が馬を曳き回してつなぐと、さっそく馬にちょっかいを出し始めました。それが、ハミの端を持ってぐいぐい何度も引っ張るのです。普通、私は知らない子に声をかけたりはしないのですが、そんなことをしたら、馬の口が切れてしまう……と思って、「乱暴にすると馬が怒るよ」と声をかけました。すると、「ふんっ!」とそっぽを向いて、再びガシャガシャ。やめて〜! 
 
手入れ作業をするふりをして、馬からその子を引き離しましたが、まあ、なんというクソガキだ! よほど甘やかされて育てられいるのでしょうねぇ。おとなの言うことなど、聞きやしない。母親は気がついたら、どっか行っちゃっていないし。私の小指が潰れるくらいはいいけど、大好きなピーくんをいじめたら承知しないから!(笑) しばしのお別れ、いろんな意味で痛いさよならになりました。



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

コメント記入欄




身代わり瓢箪身代わり瓢箪 ¥980
生まれ年の守護神があなたの厄をすべて身代わりとなってせおってくれるという瓢箪(ひょうたん)です。上部からのぞくと、それぞれの神様のお姿が見えます。色は白、緑、橙の3色あります。ご購入の際には「連絡事項欄」に“必ず”●生まれ年●ご希望の色をお申し出ください。


寝クリスマス
異常な寒さ