ある小説の中に、世界を旅して「何を祀ってあるのかわからないんだけど、地元の人が拝んでいるものには手を合わせることににました。そうしたら、なぜか商売がうまくいくようになったんですよ」というフレーズがありました。SFだし、本筋とはまったく関係ないんだけど、心に残った一節です。そんなわけで(どんなわけで?)、日々の何気ないできごとを綴ってみようかと思います。
2018/04/08  (日) 

高尾山極楽湯

日帰り温泉に行ってレポートを書け、という指令を受け取り、高尾山極楽湯という温泉に行ってきました。そもそも温泉とはまったく縁がなかった私としては、初めての日帰り温泉であります(笑) むかしスキー仲間と遊びに行った帰りに温泉に立ち寄ったことがあっても、つねに運転手の私は「眠くなるから」という理由で温泉には入らず、それをちっとも残念にも思わなかったというくらい、「お風呂はひとりで入るのだ!」派でありました。
 
京王線の高尾山口駅のプラットホームから見えるところにある温泉施設で、恐る恐る足を踏み入れれば、けっこう広くて快適です。温泉が6つあり(女湯の場合)、レモンが浮かんでるのやら、白濁しているのやら、炭酸泉、露天風呂、座湯(足湯って感じ?)、あつ湯と、それぞれ特徴があります。温度は、だいたい37、38℃、あつ湯だけが41、2℃でした。普段、39から40℃ぐらいのお風呂に入っているので、まあ、ぬるめで快適という温度かな。脱衣所や洗い場も、ちょっと狭めのゴルフ場の浴室のような感じで、設備もなかなかです。
 
日曜日とあって、午後1時を過ぎる頃から、ハイキング帰りの人たちでけっこう混みあってきました。私は12時頃に行ったので、1時半には退散(^_^;; ゆっくり食事をさせてもらいました。春メニューのおそばセット。そばはまあまあでしたが、つゆがちょっと甘すぎかな。私は利用しませんでしたが、マッサージチェアやマッサージルームなどもあり、なるほど、「最近、流行ってる」と言われるもうなづけます。極楽、極楽(笑) 気持ちがいいのはいいのですが、やはり温泉は疲れるのかも。帰りの電車、降りる駅を寝過ごし、なんと新宿まで行ってしまった!(笑)
 



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

コメント記入欄




身代わり瓢箪身代わり瓢箪 ¥980
生まれ年の守護神があなたの厄をすべて身代わりとなってせおってくれるという瓢箪(ひょうたん)です。上部からのぞくと、それぞれの神様のお姿が見えます。色は白、緑、橙の3色あります。ご購入の際には「連絡事項欄」に“必ず”●生まれ年●ご希望の色をお申し出ください。


まだまだ桜
筋トレ〜