ある小説の中に、世界を旅して「何を祀ってあるのかわからないんだけど、地元の人が拝んでいるものには手を合わせることににました。そうしたら、なぜか商売がうまくいくようになったんですよ」というフレーズがありました。SFだし、本筋とはまったく関係ないんだけど、心に残った一節です。そんなわけで(どんなわけで?)、日々の何気ないできごとを綴ってみようかと思います。
2018/04/30  (月) 振替休日

山菜三昧!

植木屋さんの友だちから電話があって、田舎に行って山菜をいっぱい取ってきたから取りにおいで、と。彼の田舎というのは、新潟県の津南、および奥さんの実家、高田のことです。やっと雪解けの季節を迎えて、山には山菜が芽吹いています。山菜取りが大好きなおっさんは、毎年、この時期にふるさとに帰り、車いっぱい、山菜を乗せて帰ってくるのです。そして、必ず「取りにおいで〜」と声をかけてくれます。
 
今回、いただいたのはこごみ、ふきのとう、あと名前知らない草(笑)、そして、太〜い山ウドです。歩いて30分ほどのところにある、ご自宅から担いで帰ってきました(^_^;; 本当は自転車が一番なんですが、自転車はまだ乗れないし、電車を使うと1駅ぐらいでも、駅まで歩いて駅から歩いて1時間ぐらいかかってしまいそうです。そんなわけで、本日もお徒歩(笑) こごみは絶対に辛し和えと思っていたので、帰りにスーパーで練りからしも購入。
 
帰ってきたら、さっそく調理。とは、思ったのですが、歩きつかれて実は、30分ぐらい夕寝をしてしまったのですが(-_-;; それでも、明日は可燃物の収集日だし、今日中にやっつけなければ! ここみは茹でて辛し和えに、ふきのとうは素揚げに、知らない山菜は、すでに茹でたものをいただいたので、切ってマヨネーズ醤油、それに家の最後の蕗を煮たものとで、今日の夕食はホントに山菜三昧です。あっ、ベジファーストで野菜を食べなきゃ! と、思って、トマトサラダも作ったのですが、山菜だって野菜じゃん(笑) いまはやりのベジファーストではなく、ベジフルになりました〜。
 



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

コメント記入欄




身代わり瓢箪身代わり瓢箪 ¥980
生まれ年の守護神があなたの厄をすべて身代わりとなってせおってくれるという瓢箪(ひょうたん)です。上部からのぞくと、それぞれの神様のお姿が見えます。色は白、緑、橙の3色あります。ご購入の際には「連絡事項欄」に“必ず”●生まれ年●ご希望の色をお申し出ください。


筋トレ〜
たまご!