ある小説の中に、世界を旅して「何を祀ってあるのかわからないんだけど、地元の人が拝んでいるものには手を合わせることににました。そうしたら、なぜか商売がうまくいくようになったんですよ」というフレーズがありました。SFだし、本筋とはまったく関係ないんだけど、心に残った一節です。そんなわけで(どんなわけで?)、日々の何気ないできごとを綴ってみようかと思います。
2018/01/10  (水) 

半年も!?

昨日、肩関節手術のオペ前検査と手術の事前説明を受けました。ひぇ〜、思っていたより大変な……。再腱(切れた靭帯をつなぐ)ぐらいだと思っていたのだけれど、私の肩は予想以上にぐちゃぐちゃ。肩関節の受け皿のほうに、丸い骨をホールドする組織があるのだけれど、それがかなり断裂しているので、なんと8箇所ぐらい縫い合わせるらしいのです。しかもボルトまで入っちゃう。最近の肩のボルトは金属ではなくて繊維でできているものだそうで、人体になじむのであとで摘出するということはないそうですが。
 
でもって、肩の手術というのは、麻酔で意識不明にしておいて、座らせてやると……。しかも3時間! エコノミークラス症候群になる可能性まであるっていうんですから。術後は、ロボットになりそうなすごい装具をつけられて、これが2ヶ月間つけっぱなし。なんにもできませんねぇ、右腕だし(-_-;; 肩安静のまま、ビシバシとリハビリはやらされそうだし。この装具がはずしたあと、3月下旬からのリハビリはもっと過酷だと! それでもって、6月ぐらいまでは、リハビリ以外の運動は一切禁止。これって、デブになる危険性もはらんでいますよね(笑)
 
肩関節の手術のなかでは、もっとも上級ってのか、過酷なやつになるみたいです。その分、術後の再脱臼率は4%。ほぼ健康な肩と同様の確率になるそうです。普通は年齢が高くなってくるとやらない手術だそうですが、私はけっこう骨とインナーマッスルの状態がいいからと……。ちゃんとしたアスリートと同じ程度の手術ですよね。たぶん、手術した人の中で最高齢になるかも、って本気ですか、先生! しかも、馬に乗って飛越する障害馬術もやりたいと思って手術することにしたのに、半年以上、馬にも乗れないということになりました〜。
 
乗馬は腕とか肩とかあまり使わない……と言ったら、主治医/執刀医は実は乗馬もやっていた人だそうで、「まず乗れないでしょう。第一、鞍を乗せられないよ」と言われてしまいました。確かに。馬装は誰かにやってもらうとしても(^_^;; 乗るときは腕の力で自分の身体を引き上げるのですから。ベランダから鞍に飛び降りるわけにもいかないしねぇ。「馬は逃げないから、半年はあきらめなさい」と言われてしまいました。
 
ことなら年に1回や2回の救急車を選択したほうがよかったか? などとまじめに思ってしまいました。ドクターは、いままで手術事故を起こしたことはないし、「自分も0記録は更新しなきゃならないから、頑張るよ。だから、任せて」と言ってくれます。任せるしかないでしょう(笑) 来週、まさにまな板の上に乗ることになりました。それはいいけど、半年間、何をやって過ごせばいいの?
 



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

コメント記入欄




身代わり瓢箪身代わり瓢箪 ¥980
生まれ年の守護神があなたの厄をすべて身代わりとなってせおってくれるという瓢箪(ひょうたん)です。上部からのぞくと、それぞれの神様のお姿が見えます。色は白、緑、橙の3色あります。ご購入の際には「連絡事項欄」に“必ず”●生まれ年●ご希望の色をお申し出ください。


さぶっ!
どっこいしょ!