縁起、縁起物に関係する言葉はたくさんあります。ここでは縁起にまつわるキーワードをご紹介するとともに、縁起物を売ってる人々の話にも触れていきます。けっこう楽しい縁起ワールドをお楽しみください。

目次

縁起にまつわるキーワードを集めました。


縁起
「縁起」という言葉は、いまでは「縁起がよい」「縁起が悪い」とい...
十二縁起
「縁起説」は、苦しみを生み出す因果をさかのぼって、苦しみの...
げんを担ぐ
げんを担ぐとは、何かをするときに以前によい結果が出たとき...
御幣(ごへい)担ぎ
御幣担ぎとは、必要以上に縁起を気にすることや気にする人の...
縁起物
縁起とは、この世のできごとはそれを引き起こす「縁」によって「...
縁日
縁日は、「有縁(うえん)の日」「結縁(けちえん)の日」の...
香具師(やし)
香具師とは、縁日などの露店で物を売ったり、興行をする人々...
テキヤ
テキヤとは、縁日や盛り場などで物を売る人々。主に露天商に...
ご利益
利益は、一般には「りえき」と読むが、仏教では「りやく」と...
因果応報
自分が考え、自分が行動した結果は、必ず自分にかえってくる...
招き猫
招き猫は、前足で人を招く形をした猫の置物のことだが、置物...
七福神
七福神信仰は室町時代末期頃に始まったといわれている。一般...
九星
生まれた年、生まれた月によって占う運命学。人間は大気と密...
干支(えと)
干支とは、十干十二支(じっかんじゅにし)のことだが、いま...
みんなでかえるみんなでかえる ¥780
七福神に模した7匹の楽しげな「かえる」たち。楽器も持ってなかなかにぎやかです。無事「帰る」祈りが込められていますが、もちろん「福」も持ち帰ります。


干支(えと)

干支とは、十干十二支(じっかんじゅにし)のことだが、いまでは十二支のみをいうことが多い。

 

十干は、古代中国の順序を示す「甲(こう)」「乙(おつ)」「丙(へい)」「丁(てい)」「戊(ぼ)」「己(き)」「庚(こう)」「辛(しん)」「壬(じん)」「癸(き)」の十文字のこと。

 

十干に、木・火・土・金・水という古代中国で万物の源とされた五行(五元)の思想が加わり、陽の気「え(兄)」と陰の気「と(弟)」を組み合わせるようになった。この陽と陰の「え(兄)」と「と(弟)」から、十干を「えと」と呼ぶようになった。

 

この十干に、中国の暦法で天を十二に分け十二の動物に当てた「十二支」が組み合わせられ、「十干十二支」として用いられるようになり、「えと」と呼ばれるようになった。つまり、、の「十二支」と「えと」という言葉は本来関係ないのだが、いつのまにか十二支の動物名が「干支」と呼ばれるようになった。



この記事面白かったら、↓クリックしてください。
人気ブログランキングへ

目次に戻る

身代わり瓢箪身代わり瓢箪 ¥980
生まれ年の守護神があなたの厄をすべて身代わりとなってせおってくれるという瓢箪(ひょうたん)です。上部からのぞくと、それぞれの神様のお姿が見えます。色は白、緑、橙の3色あります。ご購入の際には「連絡事項欄」に“必ず”●生まれ年●ご希望の色をお申し出ください。
九星