私が一番行ってみたい国でした。そして、ついにちょろっと行ってきてしまいました。国土は日本の2倍、中央部と西側を急ぎ足で走り回っただけですが、トルコのもついろいろな表情を垣間見ることができました。思い出したことだけ(笑)、ご紹介します。(上の写真はイスタンブールのアヤソフィア聖堂)。

目次

続きを読んでくださるときは「NEW」ではなく「OLD」のほうをクリックしてください。この日記に書かれている料金等の数字は、2008年3月中旬のものです。 
プロローグ
昨年いろいろなことがあってバタバタとしていた代償として、...
トルコへの第一歩
イスタンブールで乗り継いでアンカラへ。空から見たイスタン...
アンカラ市内
郊外のホテルを出発してアンカラ市内へ。人口約320万人のトル...
アタチュルク廟訪問
霊廟は広々として、どこも等間隔に衛兵が立っている。「人形の...
トルコ式トイレに遭遇
ここで、早くもトルコ式トイレに遭遇。トルコ式というのは、...
トルコ人は親日的
この朝、アタチュルク霊廟にはちょうどどこかの国の要人が表...
アナトリア文明博物館
次に訪れたのはアナトリア文明博物館。ここにはアナトリア(ト...
鉄板焼ケバブ
博物館を後にして、トルコで初めて食べるランチは、鉄板焼き...
トゥズ湖
カッパドキアへ向かうドライブの途中でトゥズ湖へ立ち寄った...
キャラバン・サライ(隊商宿)跡
途中に保存状態がいいというキャラバン・サライ(隊商宿)跡に...
ガイドさんたち
夕方、カッパドキアのホテルに到着。長いトルコ観光第一日目...
いまどきのトルコ
トルコでは大学の女子大生が構内でスカーフをかぶることが解...
トルコの通信事情
自分の部屋に帰ると、同室の連れはもう爆睡しているらしく、...
アザーン
トルコの大地を踏んで2日目(寝ただけを入れると3日目)は、カ...
野良猫たち
カッパドキアで泊まったホテルは日本でいえば小規模なビジネ...
カイマクル地下都市
有名な巨大地下都市カイマクルは、ホテルから徒歩で10分くら...
ウリマクル?
「おみやげをカイマクルのは後で」という一言を付け加えるのを...
カッパドキア奇岩地帯
カッパドキアというのは、「美しい馬」という意味で、地方の名...
目玉のお守り
目玉の木に下がっていたのは、トルコのいたるところで目にす...
のびーるトルコアイス
いろいろな奇岩の風景を次々にめぐり、それぞれ特徴的で驚き...
ローズバレー
ちょっとバスを停めてくれたビューポイント、ローズバレー。...
民家でチャイをいただく
洞窟の中に実際に住んでいるご家族を訪ねて、洞窟住居の暮ら...
キノコ岩
カッパドキアといえばキノコ岩というくらい、この地方を象徴...
ギョレメ野外博物館
ギョレメの谷には30以上の岩窟教会があり、このあたり全体が...
ジュータン攻撃
お約束の「お買い物の店へのご案内」。最初はトルコ絨毯の工場...
洞窟レストラン
この日のランチは洞窟レストランで。これは天然のものではな...
本つげ招き猫本つげ招き猫 ¥960
国産の柘植(つげ)を使っています。長期間使っていただくと、つやが出てとてもシックな色合いになります。こうなれば金運パワーも倍増です。




アンカラ市内

郊外のホテルを出発してアンカラ市内へ。人口約320万人のトルコ共和国のほぼ中心、アナトリア高原の西寄りにある首都アンカラは近代的な普通の都市。アナトリアとは、トルコのアジア側を意味するが、それはつまりほとんどのトルコということ。ヨーロッパ側というのはイスタンブールのギリシャ寄りのほんの一角だけだ。
 
アンカラの語源は「アンゴラ(ウサギの品種)」からとガイドさんが言っていたが、「アンキュラ(谷底)」の意があり、水が豊富だったのがその語源とも聞いた。この都市の歴史は古く、新石器時代にはもう人は住んでいたし、ローマ時代に「アンキラ」と呼ばれ、賑やかな都市だったとか。近代的な街並みだ。アチコチに遺跡らしきものも見かけるが、まあ、大都会である。

 

交通量はかなり多いが、イスタンブールよりは渋滞は少ないとのこと。走っているクルマはVWが多いように思った。あとはトヨタ、BMW、ヒュンダイ……。ツアーのトルコ人ガイドであるバシャックさんによると、VWもBMWも、そしてトヨタも日産もホンダも現地で生産しており(未確認情報)、「トルコ人は日本車が好き。トヨタや日産が人気がある」と言ってた。そうかな? 日産はあまりに見かけなかったような気がする。たまーにメルセデスが走っていて、やはりこれはこちらでも超高級車らしい。
 

トルコに自動車メーカーはない。つまり純然たる国産車というのはないが、ここで作っているので「輸入車」ではないそうだ。ガソリンは日本円で270〜310円/ℓぐらいしている。「うそでしょ? 産油国が近いのに……」と思ったけど、トルコ各地で同じような値段だった。税金が高いのだそうだ。日本でもガソリン税は高いと思っていたが、上には上がある。
 
「トルコで運転できたら、世界中どこでも運転できる」とバシャックさんは言った。「いや、いや、台北だって香港だってたいしたものだよ」と思っていたら、だんだんその理由はわかってきた。本当にトルコで運転できたら世界中どこでも通用するのではないだろうか。狭い道でも路上駐車はしているし、人々は「猫渡り」。猫渡りという表現はガイドのバシャックさんが教えてくれたのだが、歩行者にとってはまず信号などないも同然である。どんな広い道路でも、走っている車の隙を見て、みなさん、するすると上手に渡ること、渡ること。クルマは信号を守るが、信号の数は少ない。
 
私たちのバスのドライバー、ムスタファさんは物静かな優しい中年トルコ人男性だが、ものすごく優秀なドライバーであることがだんだんわかってきた。人とクルマであふれる狭い道を大型バスがまるで軽自動車であるかのように操る。とくにフェリーのバスを乗せたときは見事だった。そんな優しげな人でも、市街地で運転するときは、クラクションは鳴らすし、ときには窓から怒鳴ることもある。トルコの交通事情では、そのぐらいの迫力がないと運転はできない。

 

旅の道中安全祈願なら縁起堂本舗。いまなら送料無料・最大3割引

目次に戻る

打出の小槌(ストラップ)打出の小槌(ストラップ) ¥980
商売繁盛、福の神の恵比寿様、大黒様。サイコロはどこ転がしてもいい芽が出るサイコロ、災難を切るかえると心臓、肝臓、腎臓、すい臓、脾臓、身体に命令する脳を守るひょうたんが、縁起のいい打ち出の小槌に収まっています。縁を結ぶ祈願された5円玉も一緒に。


アタチュルク廟訪問
トルコへの第一歩